忍者ブログ
主婦は気まぐれ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オリックス清原、米での精密検査から帰国
6月29日9時52分配信 日刊スポーツ

 左ひざの精密検査受診のため渡米していたオリックス清原和博内野手(39)が28日、成田空港着の航空機で帰国した。

近日中に球団やコリンズ監督に検査結果を報告。

東京都内の病院の主治医の判断も仰いだ上で、再手術の可能性も含めて最終的な治療法を決断する。

清原はコリンズ監督の紹介で25日から渡米し、ロサンゼルス市内にある「カーレン・ジョーブ整形外科クリニック」で精密検査を受診。

同行していた本屋敷俊介コンディショニングコーチ(32)とともにこの日帰国した。  

ヤフーニュースより 抜粋

整形外科

PR

新潟市のデパートで、今年もお中元商戦が始まった。各店は消費者のブランド志向が年々高まっていると分析。売り場やカタログには、老舗や人気料理人の監修商品を中心に「銘品」「匠」などの文字が並んでいる。

 新潟伊勢丹(中央区八千代1)は新たに、6月限定でシリアルナンバー入りのウイスキーや、仏在住のパティシエ・青木定治氏による、さっくり焼き上げたカラフルな生地の中にクリームをはさんだ「マカロン」の詰め合わせなど6種の「特別販売ギフト」を販売。

 どれも希少価値が高く、全国で各50点以下の取り扱いという。担当者は「昨年よりオープン直後からお客様の数が多く、売り上げペースも速い」と話し、客足の早期呼び込みに一定の効果を現しているようだ。売れ筋は3000~5000円の商品。

 魚の塩物など7点を購入した同市中央区、飲食店経営、野中恵美子さん(46)は「デパートが去年送った先の住所ラベルを作ってくれるので便利。ただ送る数は年々減っています」と話した。

 新潟三越(同区西堀通5番町)と大和新潟店(同区古町通7番町)も専門売り場を設け、県産品などに力を入れている。商戦のピークはボーナスが出る6月下旬~7月上旬の週末になる見込み。【黒田阿紗子】

6月20日朝刊 ヤフーニュースより 抜粋

     お中元

 巨人が来夏、08年北京五輪期間中のイベントとして、プロアマが一堂に会するサッカーの“天皇杯式トーナメント”を提唱していることが12日、分かった。アマチュアの大学、社会人に、2つの独立リーグの合計16チームによってプロアマ交流の“日本一決定戦”を実現させたい考えだ。すでに4日の実行委員会で他球団には提案済み。今後はアマ側と意見交換を重ねて、ビッグトーナメントの実現を目指す。

 ファンにとっては何とも斬新なイベントになる。読売関係者は「いくつかのプランのうちの1つ」と認めた上で、“夢プラン”について話した。

 巨人が提案しているのはセパ12球団に加えて大学、社会人の代表、さらに四国独立リーグ、北信越BCリーグの代表による計16チームで争うトーナメント戦だ。高校も含めたアマチュアチームがプロと同じ土俵で戦うサッカーの天皇杯と同様の方式となる。08年8月の北京五輪期間中は、プロ野球の公式戦を減らす方向で議論が進められている。日の丸戦士が不在の間、ペナントの順位に反映されないカップ戦で国内を盛り上げると同時に、プロアマ間の交流を図って野球界全体の発展を目指すものだ。

 社会人野球では05年12月、日本野球連盟・松田会長が「殻を破って(アマ野球を)活性化させたい」と発言。今回の巨人と同様の大会構想を提案している。その一方で学生野球憲章では特例を除いて高校、大学のチームとプロ球団との試合は認めていない。大会の実現はアマ側の理解を得ることが大前提となる。読売関係者も「今後、アマ側とも話していかないといけない」として大会の目的、方法、時期などの詳細について、アマ野球団体と粘り強く交渉を進めていくつもりだ。

 実現すれば早大・斎藤がプロを相手に立ち向かう姿が見られる可能性も出てくる。今年は西武を発端とした裏金問題で、アマを含めた日本球界全体が激震した。北京を最後に野球が五輪種目から除外されるなど逆風の中、プロ・アマの融合こそが球界再発展のカギを握るだけに、大会開催の実現に注目が集まる。

 ≪2軍すでに交流≫社会人は日産自動車が99年8月に湘南シーレックスと、東京ガスとシダックスが巨人の2軍と交流戦を行って以来、プロとの交流を再開。その後、社会人の地方大会にプロの2軍が出場するなどしている。大学では01年11月、東都大学野球連盟が70周年記念試合として東都OBプロ選抜対現役選抜の試合を行った。また東京六大学連盟は昨年、明治神宮外苑創建80周年記念試合として現役選抜がヤクルトと対戦している。  

ヤフーニュースより 抜粋

ビリーズブートキャンプ

イーグル、V4!次は統一戦だ
  プロボクシングWBC世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦(4日・パシフィコ横浜)、王者イーグル京和(28)=角海老宝石=が、挑戦者・八重樫東(24)=大橋=を3-0の大差判定で下し4度目の防衛に成功した。
 圧勝だった。キャリアの差だけではなく、パワーの差も歴然だった。1回、イーグルが右を打ち込み八重樫を大きくぐらつかせた。この一撃がすべてだった。力強い右で若き挑戦者にボクシングをさせなかった。10回には右カウンターでダウンを奪い、勝利をより確実のものとし終了のゴングを聞いた。
 昨年11月、3度目の防衛戦は逆転での勝利だった。6回に2度のダウンを喫し、「最強神話」はもろくも崩れ去った。「心のスキ」を突かれたというイーグルにとって今試合は、威信を取り戻すためのものだった。だからこそ勢いのある挑戦者を力でねじ伏せた。一寸のスキも見せず、完ぺきなボクシングだった。
 父ムドムさん(78)に捧げる勝利でもあった。タイに在住の父は出家しているが、老衰のため自力で歩行することが困難な状態。寺院には国際電話の設備が整っておらず、イーグルはただ祈るだけだった。財布に父の写真をしのばせ、この日も控室に持ち込んだ。そしてリングに上がる直前に父に勝利を誓った。
 「今日は焦らずにいけた。八重樫選手は連打が強いので警戒していた。父のことなど不安があったなかで勝ててうれしい。支えてくれた皆さんに感謝したい。次は統一戦をやりたい」。国内最強挑戦者を完封し、次なる目標を口にしたイーグル。WBAとの王座を統一し、真の王者を目指す。  

ヤフーニュースより 抜粋

ビリーズブートキャンプ



忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(12/31)
(12/30)
(12/29)
(12/28)
(12/27)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索